その他展示場 (規格外品質、模写等)

ここでは、「展示場(メイン)」に飾れなかった、悲劇(?)の作品を展示しております。

 

1973paul_mccartney.jpg

 

 

1973mickjagger_2.jpg

 

 

1973teacher_furukawa_2.jpg

 

 

1973landscape_2.jpg

 

 

1974deutcsh_uniforom1_2.jpg

 

 

1974fayedunaway_21.jpg

 

 

1974gilmour_and_wright_1.jpg

 

 

1974guiatrs1.png

 

 

1974manga1.png

 

 

1974manga_jisaku1.png

 

 

1974manga_jisaku2.jpg

 

 

1974manga_jisaku3.png

 

 

1974pinkfloyd.jpg

 

 

1975dinosours1_2.jpg

 

 

1975dinosours2_1.jpg

 

 

1975kunfu_jien1.jpg

 

 

1975musi1.jpg

 

 

1975skull_1.jpg

 

 

1976odakanana_2.jpg

 

 

1976mituyos1.jpg

 

 

1978nude1_2.jpg

 

 

1978nude2_2.jpg

 

 

1979mr_sakuma1.jpg

 

 

1980alien1_1.jpg

 

 

1980ants1.png

 

 

1980auge1.jpg

 

 

1980face1_2.jpg

 

 

1980whitegirl_2.jpg

 

 

1980helmet_colors1_1.jpg

 

 

1983helmet_colors1_1.jpg

 

 

1980kunfu_women01_1.jpg

 

 

1980nude_woman_2.jpg

 

 

1980rd250_tank.jpg

 

 

1980rippered1.jpg

 

 

1980sleepingman1_2.jpg

 

 

1980totenkopf1_2.jpg

 

 

1980woman_in_jurasicage1_2.jpg

 

 

1980_kyuu10000yen1.jpg

 

 

1982_kyuu10000yen.jpg

 

 

1988_jpy10000.jpg(参考です)

 

 

1985outline_geq2.jpg

 

1974nunchaku1.jpg

タイトル:ヌンチャク(1974)
素材:柿の木、鉄鎖、鉄棒

 

 とつぜん、異様な雰囲気のヌンチャク登場。
 何がどういうワケで、ここにヌンチャクが出てくるのか、サッパリわかりません(^^)。
 絵画にもバイクにもギターにもぜんぜん関係無し。
 何に使うのか、と言えばもちろん、ブルース・リーのマネをしたい、というよくある要望(当時)が唯一の用途です。
 同級生によく貸しましたが、これで後頭部を強打したやつの人数は計り知れず。
 

1996_plans_st_blue_2.jpg

タイトル:自作ギターカラーリング計画書(1996)
素材:コピー用紙、色鉛筆

 

 Stewart MacDonald Guitar Shop Supply から一度に3つ購入したアッシュボディと、2本ずつ購入したメイプル/エボニー ネックの組み合わせです。
 ここではメタリックブルーに塗ることを計画しました。
 しかし、実際には、きれいな木目の出ているアッシュ材ボディだったので、透明青に塗りました。
 「別館:ギター作ろう!」第8章の5号機です。
 

1996_plans_st_natural_2.jpg

タイトル:自作ギターカラーリング計画書(1996)
素材:コピー用紙、色鉛筆

 

 Stewart MacDonald Guitar Shop Supply から一度に3つ購入したアッシュボディと、2本ずつ購入したメイプル/エボニー ネックの組み合わせです。
 ここでは木目を活かしたナチュラル透明に塗ることを計画しました。
 しかし、実際には、アッシュ材ボディにとのこを塗ると、導管が肌色になってしまい、透明緑に塗りました。
 「別館:ギター作ろう!」第8章の6号機です。
 

1996_plans_st_red_2.jpg

タイトル:自作ギターカラーリング計画書(1996)
素材:コピー用紙、色鉛筆

 

 Stewart MacDonald Guitar Shop Supply から一度に3つ購入したアッシュボディと、2本ずつ購入したメイプル/エボニー ネックの組み合わせです。
 ここではメタリックレッドに塗ることを計画しました。Fenderのキャンディアップルレッドが目標で。
 しかし、実際には、下地の銀色はキレイにできたものの、中塗りの透明赤色塗料に良いものがなく、銀色一色に塗りました。
 「別館:ギター作ろう!」第8章の4号機です。
 

20061123_mimai_jorotama.png

道具:パソコン、マウス

 

 お絵描きしたのは何年ぶりでしょうか。
 描画休止期間中に、お絵描き道具はパソコンになってしまいました。
 初めてパソコンでひと様に差し上げる絵を描いたのがこれです。
 常連のあのねさんの「もっと自由に描いてみたらどうですか」というお勧めに従って描いてみたもので、jorotama様へのお見舞い状の絵です。
 

20061127_midget.jpg

道具:パソコン、マウス

 

 これはめぐりんさんの誕生日お祝いカードに使ったダイハツミゼットの絵。
 自分の絵は、やっぱりシュールレアリズム以外に無い、と悟ったために、写実的なタッチに戻しました。
 それにしても、いくらめぐりんさんがピンク色が好きといっても、こんな何十年も昔の商用車をピンク色で描いてしまうとは!?
 こんなのでも喜んでいただいて、顔が真っ赤になるほど恥ずかしい…。
 

20061201_fox.jpg

道具:パソコン、マウス

 

 2006年から常連さんになっていただいた妖狐さんが体調を崩しておられたので、お見舞いカードを作るためのキツネの絵です。
 キツネなんて飼っているわけもないので、インターネットでキツネの写真をさがしました。
 それはいいけど、お絵描きソフトウェアが無いし、ペンタブレットも使わなかったので、キツネの体表のタッチがめちゃくちゃ。
 やっぱりペンタブレットとお絵描きソフトウェアは必要ですねぇ。
 

20061217_mu-_birthday.png

道具:パソコン、マウス

 

 2006年秋にODNを退会されたmu-さんの四十?歳のお誕生祝いカードに使用したうどんの絵。
 mu-さんは大のうどん好きで、1日に6杯は大丈夫だとか。
 あああ、それにしても、汁に漬かる麺の感じが全然アカンなぁ。
 カマボコと生卵の感じはそこそこか…。
 

20061230_nyanko_birthday.jpg

道具:パソコン、マウス

 

 年末のにゃんこさんの誕生祝いカードに使った絵。
 去年の誕生祝いカードには、1980年に色鉛筆で描いたメルヘン画(?)を流用したため、今回は雪辱戦(?)。
 とはいえ、思った通りには描けず、四苦八苦して、果てはごまかしてるのがよくわかる絵。
 ま、何回か描いてるうちに、マシになっていくことを期待しよう。
 

20070104_nana_birthday.jpg

道具:パソコン、マウス

 

 nanamonikaさんのお誕生祝いカードに使った絵。
 彼女はシクラメンが好きなので、描いてみたのですが、いやぁ、難題でした。
 元の写真の見た目は簡単なのに、描いてみたら、制作見積もり時間の4倍もかかり、nanamonikaさんから「いつできるの?」との問い合わせが来たくらい(笑)。
 これもまた、四苦八苦の跡がよく表れている絵です。
 

20070106_baguette.jpg

道具:パソコン、マウス

 

 これは、描く絵に惹きつけられるjorotamaさんのお誕生祝いカードに使用した絵。
 それ以前は、写真コラージュでごまかしていたのですが、2007年にはzx900の病状が良くなり、オリジナル絵画を制作して使おうとしたのでした。
 さて、カードを贈呈してから、何か変だなと思ってよく見たら、パンに陰影が付いていません(笑)。今度は忘れないようにしよう。
 jorotamaさんへのカードって、これに限らず食べ物オンパレードなのは、二人とも食べることが大好きだからでしょう(笑)。
 

20070126_narcissus.jpg

道具:パソコン、マウス

 

 妖狐さんのまいぺーじサイト開設1周年記念カードに使用した絵です。
 シクラメンよりはラクだったとはいえ、食べ物ではないので、いかに最後まで気力を持たせるかが難問でした(爆)。
 花の色も葉っぱの色も、どこも同じように見えたのに、よ〜く見ると少しずつ違います。このへんは突っ込みなしでいきたいね(笑)。
 この絵に文字入れして差し上げたのですが、何と、日付が1年古かった…。
 

20070314_white-choco.jpg

道具:パソコン、マウス

 

 バレンタインデーにお祝いカードをくださった常連お二人様に差し上げたホワイトデーカードに使用した絵。
 なので、当然、ホワイトチョコレートなのですが、元写真の色遷移で白っぽくなっていたのを、そのまま忠実に描いてしまい、どこから見ても立派なラード(笑)。
 ラードの塊なんて、口に入れるかと思うと、ゲロゲロ。
 ま、そういう突っ込み無しで見れば、そこそこかな。
 
 

 

 

 

ここからは、プロ漫画家の作品の模写を展示しております。模写は画家の第一歩。

 

1973_mosya_manga1_2.jpg

 

 

1973_mosya_manga2_2.jpg

 

 

1974_manga_syojo02-1.png

 

 

1974_manga_syojo02-2.png

 

 

1974mosya_crimesweeper1_2.jpg

 

 

1974mosya_crimesweeper2_1.jpg

 

 

1974mosya_aitomakoto1.jpg

 

 

1974mosya_gakideka1.jpg

 

 

1974mosya_manga1_1.jpg

 

 

1974mosya_manga2_1.png

 

 

1974mosya_manga3_1.jpg

 

 

1974mosya_manga4_1.png

 

 

1974mosya_manga5_2.png

 

 

1974mosya_manga6_1.jpg

 

 

1974mosya_urusei1_2.jpg

 

 

1975_mosya_kojiki1_1.png

 

 

1980mosya_6faces1.jpg

 
 
 
 

 

 

 【更新履歴】
1年ぶりに画像9点追加:20070413
3年半ぶりに画像2点追加、全画像サイズ見直し:20101030

 

 

 

zx900本館

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system